産婦人科h2-icon-gynecology

診療科概要

概要・特色

皆様が安心して分娩を迎えられますようお手伝いさせていただきます。不安なこと等ありましたら気軽にご相談ください。また、婦人科新患の患者さんには子宮頸がん検診をお勧めしています。子宮筋腫・子宮内膜症・良性の卵巣腫瘍・早期の子宮頸がんに対して手術を行っています。

セミナー情報

受付時間

産婦人科(午前)

1診(婦人科)
8:30 〜 11:00
相田浩小幡宏昭奈良本葉月相田浩廣井威
2診(産科)
8:30 〜 11:00
奈良本葉月廣井威相田浩小幡宏昭相田浩
3診(不妊外来)
9:30 〜 11:00
小幡宏昭奈良本葉月廣井威奈良本葉月小幡宏昭

産婦人科(午後)

1ヶ月検診
14:00 〜 15:00
奈良本葉月奈良本葉月
(第1・第3・第5)
小幡宏昭
(第2・第4)
産婦人科外来
14:30 〜 15:30
廣井威
母乳外来
14:00 〜 16:00
助産師

担当医師

  • 相田 浩副院長

    専門領域
    • 産婦人科
    資格・専門
    • 日本産婦人科学会専門医
    • 日本母性衛生学会専門医
    • 医学博士
    • 第6回新潟医師臨床研修指導医講習会受講
    所属学会
    • 日本産科婦人科学会
    • 日本産科婦人科医会
    • 日本癌療治療学会
    • 日本癌療学会
    • 人類遺伝学会
  • 小幡 宏昭部長

    プロフィール
    • 新潟大学卒業
    資格・専門
    • 日本産婦人科学会専門医
    • 第2回上越総合病院 臨床研修指導医講習会受講
  • 廣井 威医長

    プロフィール
    • 平成5年山梨医科大学・現山梨大学・卒業
    資格・専門
    • 麻酔科標榜医
  • 奈良本 葉月

    プロフィール
    • 上越市出身
    • 新潟大学卒

出産される方へ

  1. 常勤の産婦人科医は4名で、常に迅速に異常に対応できるような体制を整えております。
  2. 当院の分娩に対する基本方針は、できるだけ自然経過を重んじることですが、一番重要なのは母児共に安全な分娩です。したがって、必要に応じて陣痛促進剤を使用したり、吸引分娩や帝王切開へ移行するなどの処置をさせていただきます。
  3. 帝王切開の時には、常時2人以上の産婦人科医が立会います。また必要時には麻酔科医や小児科医の立会いのもとで手術を行うなど、安全面に十分配慮しています。
  4. 毎回の妊婦健診は助産師が皆様に応対しております。より安心してお産をしていただけるよう個別の保健指導に力をいれております。
  5. 分娩・育児に関して勉強して頂く場としてマタニティクラスを開いています。また、マタニティヨーガも行っています。ご活用ください。
  6. 夫立ち会い分娩も行っております。この場合にはご主人もマタニティクラスにご参加ください。
  7. 最新の超音波装置により、胎児の様子を観察します。 必要に応じて胎児の血流計測も行っております。
  8. 新生児集中治療室があり、治療が必要な新生児に対して迅速に対応しています。
  9. 母乳を中心にした哺乳指導を行っております。 乳房のトラブルに関しては退院後も相談に応じています。

妊婦検診

妊婦さんはこれからお母さんになるという期待感がある一方で、分娩およびその後の育児に関して不安を抱くものです。当科では、妊娠・出産および育児が安心かつ安全に行えるようお手伝いさせていただきます。

毎回行うこと
  • 血圧測定
  • 体重測定
  • 尿検査(蛋白・糖)
  • 超音波検査(胎児の推定体重の測定)
妊娠14週頃(初回健診時)
  • 血液検査—血液型・貧血検査・ウイルス検査 (B型・C型肝炎、梅毒、HIV、成人T細胞性白血病ウイルス、風疹)
  • 心電図
妊娠20週頃
  • クラミジア検査と膣分泌物培養(B群溶連菌検査)
  • 経膣超音波検査(子宮頚管長の測定と胎盤の位置の確認)
妊娠30週頃
  • 貧血検査
妊娠37週から
  • ノンストレステスト
妊娠40週から
  • 血液・尿による胎盤機能検査

入院の時期について

  • 陣痛
    初産の方は10分おきの規則的な陣痛がきたらお産の開始です。すぐに分娩になるわけではありませんが病院に連絡してください。入院となります。経産の方は15分くらいの間隔で陣痛がきたら入院となります。
  • 破水
    赤ちゃんを包んでいる膜が破けて羊水が流出するのが破水です。陣痛が来て破水する場合と、陣痛がなく破水する場合とがあります。破水したらすぐ入院となります。
  • おしるし
    赤ちゃんを包んでいる膜が少し剥がれて起こる出血がおしるしです。おしるしがあったら病院 に連絡をしてください。

連絡先:上越総合病院
代表 025-524-3000

入院のために準備していただきたいもの

妊娠10ヶ月に入ると赤ちゃんはいつ生まれてもよい状態になっています。いつでも入院ができるように荷物をバックにまとめておきましょう。

  • 入院時すぐ必要なもの
    母子健康手帳、入院同意書等の書類、マタニティクラスのテキスト、診察券、バスタオル、タオル、前開きショーツ、お産用ナプキンM、スリッパ、お産セット、分娩時の軽食(ご希望の方)
  • お産後必要なもの
    筆記用具、時計、健康保険証、印鑑、着替え、前開きブラジャー、タオル、バスタオル(数枚)、洗面用具、お箸や湯のみ茶碗などの生活用品、母乳パット、ティッシュ、赤ちゃんのお尻ふき、ガーゼハンカチ
  • 退院の前日までに必要なもの
    赤ちゃんの上着や肌着などの衣類一式

病棟、病室のご紹介

4階北病棟
4階北病棟

産婦人科の病棟です。 他に内科と眼科の患者さんが入院されています。

病室
病室

個室は14室あります。個室希望の方は申し出てください。ただし、個室が満室の場合にはご希望に添えないことがあります。

分娩室
分娩室

明るい雰囲気の分娩室です。 ご主人の立会いも可能なように十分な広さを確保しています。

新生児室
新生児室

ナースステーションの隣にあります。当院では母児同室も行っていますが、お母さんの状態により 新生児室にて赤ちゃんをお預かりしています。

入院中の生活について

母児同室

母児同室とはお母さんと赤ちゃんが入院中同じ部屋で過ごすことをいいます。当院では母児同室も行っています。

母児同室のよいところ
  • 母と子の絆が深まります。
  • 一緒に過ごすことにより赤ちゃん生活のパターンに早く慣れることができます。
  • 感染症の予防につながります。
母児同室するお母様方へ
  • 母と赤ちゃんに問題がなければ母児同室開始となります。
  • 同室する時間は相談して決めていきます。疲れてしまった場合には無理をせずスタッフを呼んでください。新生児室で赤ちゃんをお預かりすることも可能です。
  • 感染予防にため病室への面会者の制限をします。病室内への入室はご主人と双方のご両親、12歳以上の赤ちゃんのご兄弟のみに限らせていただきます。
アロマケア

お産の疲れを癒すためにアロマオイルでマッサージをいたします。

退院診察

経膣分娩の方は5日目、帝王切開の方は9日目に退院診察があります。

入院期間

経膣分娩の方は6日目、帝王切開の方は10日目に退院となります。

小児科検診

小児科健診

小児科医により入院中毎日赤ちゃんの診察があります。
新生児の聴力検査を行っています。

NICU(新生児集中治療室)

当院では妊娠34週以降の早産児に対して新生児集中治療室で治療を行っています。

新生児集中治療室1 新生児集中治療室2

退院後チェック(予約制)

退院後、乳房や赤ちゃんの体重増加の状態などのチェックを行います。退院前に担当者と相談し来院日を決めます。予約を取らずに退院された場合にもご希望があれは受診できます。この場合には病棟に電話をして予約をお取りください。

  • 場所:産婦人科外来
  • 日時:毎週木曜日の午後
  • 料金:1,080円
  • 電話番号:025-524-3000(代表)

里帰りされる方へ

里帰り出産をご希望の方は、事前に電話にてお問い合わせいただき、ご予約の上受診していただくこととなります。可能であれば、妊娠 34 週くらいまでにご来院下さいますようお願いいたします。お電話をいただいた際に、妊娠の経過等について確認させていただき、受診について詳細をお話させていただきます。後期マタニティクラスにもご参加下さいますようお願いいたします。
立会い分娩を希望される場合には、ご夫婦でご参加下さいますようお願いいたします。

電話で御連絡の場合には

氏名・年齢・分娩予定日・分娩回数をお知らせください。
産婦人科外来までご連絡お願いいたします。

連絡先:上越総合病院
代表 025-524-3000

婦人科を受診される方へ

婦人科診療概要

子宮筋腫

症状や子宮の大きさにより治療法が異なります。手術が必要な大きな筋腫や多発筋腫を有する方にはGnRHアゴニスト療法を行い,その後手術を行うようにしています。手術術式は、筋腫のみを摘出する筋腫核出術と子宮全摘術があります。手術時に多量の出血が予想される場合には術前に自己血貯血を行うなど,安全性にも十分な配慮を心がけています。

子宮内膜症

症状や病気の程度により治療法が異なります。軽症の場合には鎮痛剤の投与で様子を見ます。症状が重い場合には低用量ピルやGnRHアゴニスト療法を行います。卵巣が腫大し子宮内膜症性嚢胞が形成された場合には嚢胞核出術を行う場合があります。手術は開腹術と腹腔鏡下手術を患者さんの状態に合わせて選択しています。

良性卵巣腫瘍

年齢や状態に応じて腫瘍のみを摘出する核出術や卵巣ごと摘出する附属器摘出術が行われます。手術は開腹術と腹腔鏡下手術を患者さんの状態に合わせて選択しています。

子宮頚部異型上皮〜上皮内がん

子宮温存を目的とした円錐切除術が行われます。また、年齢や状態によっては子宮全摘術を行います。

その他の悪性腫瘍

進行した子宮頸がん、子宮体がん・卵巣がん等の場合には他の病院へ紹介とさせていただいております。