看護部h2-icon-nursing

部門概要

看護体制等

看護職員数360名(平成25年1月現在)
保健師20名、助産師25名、看護師220名、准看護師21名、介護員・看護補助員75名
勤務体系三交替制
施設基準一般病床  7対1
障害者病床 13対1
看護方式固定チームナーシング方式
新人教育プリセプターシップ

理念

患者様、お一人おひとりを大切にし、やさしい看護を提供します。

基本方針

  1. 患者中心の看護・介護を推進します。
  2. 医療・看護の充実を図り、医療安全を確保します。
  3. 地域との連携を進めます。
  4. 災害時の医療に備え救急看護の推進を図ります。
  5. 経済性を考えた効率のよい看護を実践します。

目標

  • 患者様中心の良質で安全な看護を提供する。
  • 業務の内容の見直しと改善を行い、業務の標準を図る。
  • JA・地域との連携の中で病院運営に参画する。
  • 組織的に教育の充実を図り、専門職業人として自己啓発に努める。

病棟紹介

4階北病棟(内科、産婦人科、眼科、NICU)

4階北病棟4階北病棟では、赤ちゃんのかわいい声が聞こえています。 短期の関わりの中で安心安全な入院生活が送ることが出来るようお手伝いさせて頂いています。

4階南病棟(内科、泌尿器科、小児科)

4階南病棟4階南病棟は、専門分野の学習会を定期的に行い、知識・技術の習得と共に、患者様の声を大切にし、信頼される看護を提供しています。

5階北病棟(内科、循環器内科、脳神経外科)

チーム5北は、元気でハツラツなスピリッツをもったスタッフでいっぱいです。 今年の病棟テーマは「Yes Let's Try & Talk」 毎日これを合言葉に、看護・医療にまい進しています。

5階南病棟(外科、整形外科、耳鼻咽喉科、皮膚科)

5階南病棟5階南病棟は外科、整形外科、耳鼻咽喉科、皮膚科病棟です。 患者様お一人お一人の状態に合わせ、明るく優しいスタッフが対応させて頂いています。

6階北病棟(内科、神経内科)

6階北病棟神経内科と呼吸器内科を中心とした一般病棟です。神経難病や寝たきりの誤嚥性肺炎で入院される患者様が多く、看護必要度が非常に高い病棟です。看護体制は7:1で、病床数53床に対し、看護師が31名と充足され、日常生活の援助を中心に、患者様一人ひとりに向き合ったケアを提供しています。患者様のADLとQOLの向上を目指し、スタッフ一同日々頑張っています。

6階南病棟(慢性期の内科、神経内科)

6階南病棟6階南病棟は障害者等一般病棟で、慢性木の患者様ケアを行っています。 ベテラン看護師と介護士が、“がっちり”スクラムを組み協力して業務を行っており、特に口腔ケア・摂食嚥下に力を入れています。 6階からの妙高山麓の眺めも最高です。

外来

外来当院の外来では1日平均700名以上の患者様に受診して頂いております。 色々な勤務形態の看護師達が、患者様により良い看護を提供するため毎日頑張っています。

手術

手術室2006年新築移転でパワーアップし手術室5室の中、“安全・快適に手術を受けて頂く”をモットーに手術患者様をお迎えしています。 パワフルな麻酔医とフレッシュな看護師14名・助手3名のチームワークで各科の手術を担当しています。

透析

透析室医師2名と笑顔のすばらしい看護師9名、頼りになる元気な臨床工学技師6名が働く職場です。 専門的知識・技術そして暖かい看護の心で明るく楽しい雰囲気の中、週3回の透析治療を受けていただけるようスタッフ一同努めています。