リハビリテーション科h2-icon-rehabilitation

部門概要

概要・特色

当院リハビリテーション科では急性期から維持期までの幅広い対象の患者様を対象にしております。小児から高齢者まで必要なリハビリテーションをタイミング良く提供できるよう努めております。

施設

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅠ
難病患者リハビリテーション料
集団コミュニケーション療法料

診療体制

診療曜日 月~金
平日 8:30~17:00

スタッフ

  • 理学療法士 10名(1名訪問看護ステーションに出向)
  • 作業療法士 5名
  • 言語聴覚士 4名

部門紹介

理学療法:PT

PTでは、病気・怪我・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持を図るよう努めています。具体的には、運動療法による筋力増強訓練、関節可動域・協調性を改善させる身体機能訓練、および温熱・電気などの物理療法による、疼痛・循環の改善を図る治療を行います。
また障害が残った時には、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、社会生活を送る上での不自由さを少なくするための福祉用具の選定や、住宅改修・環境調整、在宅ケアなども行っています。
特徴的な訓練としては以下のようなメニューも提供しております。

  • バランス・協調性訓練

    バランスボールやバランスディスクを臥位や座位などの様々な姿勢で使用し、全身的なバランス能力・協調性の改善につなげます。また、日頃使いにくい体の奥の筋肉に働きかけ、姿勢や動作の安定性の改善を図り、基礎代謝の改善にも効果的です。

  • スリング・エクササイズ・セラピー

    特殊なロープを用いて、負荷をかけたり、またはリラクゼーションをしたりと、様々な治療を行っています。

  • マシントレーニング

    トレーニングジムにあるような器械を用いて、全身の持久力をつけたり、個別の筋肉を鍛えたりします。負荷の調整が段階的にできるため、その人にあった運動が行えます。

作業療法:OT

OTでは、脳梗塞や骨折、進行性疾患など様々な病気や怪我により生活に支障をきたしている人に対し、食事や排泄、仕事、趣味的活動など日常的に行われている活動を円滑に行えるように援助を行っていきます。

  • 身体機能OT

    実際の生活に必要な筋力や関節可動域、感覚などの訓練を行います。PTと協力し寝返りや起き上がりなどの基本的な動作の練習を行いますが、OTではベッドや手すりなど環境整備の面から積極的に働きかけ、実用的な動作の獲得に勤めます。
    車いすや歩行器など一般的にはOTは関わらないことが多いようですが、当院OTでは住環境と身体機能に合った福祉用具の選定と指導を行っています。また、整形外科領域では「手の外科」と呼ばれる手の外傷に対しての専門的リハビリテーションを行います。

  • 心理・認知機能OT

    手工芸やプレイセラピーを通じて明るく楽しい雰囲気を高めます。沈みがちな心理状態を支えたり、認知機能の向上を図ります。

  • 日常生活動作OT

    Nsと協力し食事や排泄、入浴などの身辺動作や家事動作などを安全に行えるように訓練を行います。
    また、装具・自助具の作成やご家族に対して介助方法の指導なども行います。

  • 福祉用具・住宅改修指導

    退院前の準備としてご自宅を訪問し、福祉用具の選定や住宅改修の助言を行います。
    PT・ケアマネージャー・福祉用具相談員・建築業者などと連携して、ニーズに合ったプランの立案に協力します。

言語聴覚療法:ST

STでは進行性疾患に伴うコミュニケーション障害や脳卒中・廃用に伴う嚥下障害がある方に対して、治療・環境の両面から次のようなアプローチを行っています。
また、失語症・高次脳機能障害友の会との関わりを持ち、連携しています。

  • コミュニケーション障害

    当院ではALSやSCD、パーキンソン病などの進行性疾患患者が多く、口頭によるコミュニケーション困難な方が多いため、代替コミュニケーション手段が必要になります。そこで、透明文字盤や伝の心などを使い、コミュニケーション手段を導入していきます。

  • 嚥下障害

    脳卒中や廃用、進行性疾患などの嚥下障害へのアプローチを行っています。吸引付き歯ブラシによる安全な口腔ケアを行い、看護師と連携を行いながら直接嚥下訓練を進めています。
    直接嚥下訓練で、食事の段階を上げていく際、栄養科と連携しています。
    嚥下機能の改善を目指し間接嚥下訓練も行っています。PTやOTとの連携でベッド姿勢のポジショニングや車椅子シーティングを行い、食事の食べやすい姿勢を作っています。
    また、精密な検査を行うため、当院ではVFやVE検査も行っています。

  • 桜蓮の会(失語症友の会・高次脳機能障害友の会)

    上越地区では失語症や高次脳機能障害をおもちの方の患者会「桜の会」と「蓮の会」があります。
    退院後、地域での自立を支援するため、会での活動をお手伝いしております。

難病患者リハビリテーション

毎週一回、講堂を使って難病患者リハビリテーションを行っています。対象は主にパーキンソン病の方です。時間は9時から15時までの6時間。Nsによる健康チェック・Drの診察の後、リハ科職員による集団体操(オリジナルです!)、創作活動、レクリエーションを主なプログラムとしています。
09春より始めた新規事業ですが、患者様には好評です。地域のパーキンソン病の患者様のために、楽しいリハビリを提供したいと思っています。

臨床実習生の受け入れ

県内養成校を中心にPT・OT・STの実習生の受け入れも行っています。次代を担う若いセラピストの育成は就職先を問わずに必要なことです。興味のある学生は見学などお問い合わせ下さい。