新潟県厚生農業協同組合連合会 上越総合病院

腎糖尿病内科

  • 概要・特色
  • 医師紹介

概要・特色

腎臓病・腎不全・糖尿病の治療を行っています。

当科では、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎などの慢性腎臓病(CKD)の診断および治療と、急性・慢性腎不全の診断および治療を行っており、末期腎不全に対し腎代替療法(血液透析・腹膜透析)を行っています。腎移植を希望される場合は、移植施設に紹介させていただいております。
糖尿病、糖尿病の合併症(特に糖尿病性腎症)の治療を行っております。

診療内容

腎生検

慢性腎炎の診断のために腎生検という検査を行います。約一週間程度の入院を要します。

内シャント設置術・人工血管移植術

末期腎不全で腎代替療法を要するときに、内シャント設置術や人工血管移植術を行っております。また、シャントのインターベンション(PTA)も行っております。

糖尿病の教育入院

糖尿病の教育入院を行っております。

対象疾患

  • 慢性腎臓病(CKD)
  • 慢性腎炎
  • ネフローゼ症候群
  • 慢性腎不全
  • 糖尿病
  • 糖尿病性腎症

以下のような症状の方はご相談ください

  • 自覚症状がなくても、検尿異常(蛋白尿・血尿)が認められた
  • 浮腫
  • 血圧が高い
  • 自覚症状がなくても、高血糖・尿糖を認められた

医師紹介

部長/亀田 茂美

資格・専門
  • 総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会指導医
  • 第6回新潟医師臨床研修指導医講習会受講
  • 平成28年度プログラム責任者養成講習会受講

医長/永野 敦嗣

資格・専門
  • 内科認定医
  • 腎臓専門医
  • 透析専門医
略歴
  • 新潟市出身
  • 東北大学卒
このページの先頭へ戻る