新潟県厚生農業協同組合連合会 上越総合病院

眼科

  • 概要・特色
  • 受付時間
  • 施術実績
  • 医師紹介

概要・特色

病状について正確な情報をお伝えするように心がけています。

見えにくいというだけでなく、かゆみや異物感など目に起こる症状は多種多様です。日常の診察では、できるだけすべての症状に対応し、解決策を探るようにしています。また、必要以上に不安になったり、病状を軽く考えたりされないよう、病状について正確な情報をお伝えするように心がけています。
手術治療は白内障、網膜・硝子体疾患に対する手術を主に行っています。現在では白内障手術のほぼ全例が切開幅2~3mmの小切開手術で、短時間に終了し、患者さんへの負担はごく軽いものになっています。網膜・硝子体疾患も小切開手術となって負担が軽減しています。また糖尿病網膜症、網膜剥離など、治療しなければ失明につながる恐れのある病気に対しても、地域の医療機関の紹介を受けながら積極的に手術を行っています。加齢黄斑変性症など、血管新生を伴う病気に対する薬剤の硝子体内注射も手術と並行しながら行っています。
斜視や角膜疾患といった常勤医がやや苦手とする分野に対しては、富山大学医師による専門外来を行っています。あらゆる疾患に対し、なるべく当院で解決できるように努力しており、対応できずにしかるべき医療機関に紹介する症例は年々減少しています。
多くの病気があり、中には現代の医療水準をもってしても、よい見え方を保つことができないこともあります。そのなかでも、最大限よい結果になるよう患者さんとともに努力したいと考えております。

診療内容

対象疾患

  • 網膜・硝子体疾患
  • 白内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 緑内障
  • 角膜疾患

受付時間・休診について

下記よりご確認ください。

実績

眼科診療統計(2017年1~12月)

手術室でおこなう手術

白内障 516件
網膜硝子体 120件
硝子体注射 579件
緑内障手術 20件
その他 69件
総数 1,304件
1日あたりの外来患者数 82.7人/日
入院患者実数 506人/年
入院平均在院日数 2.5日

医師紹介

副院長/佐藤 昭一

専門領域
  • 網膜・硝子体
  • 眼科一般
資格・専門
  • 日本眼科学会専門医
  • 第9回臨床研修指導医講習会

医長/平島 みほ

資格・専門
  • 日本眼科学会専門医
略歴
  • 新潟県出身
  • 東海大学卒

医師/新田 康人

略歴
  • 富山県入善町出身
  • 杏林大学医学部卒
このページの先頭へ戻る