採用情報

採用情報

病院の特徴

新病院は一般急性期病棟とドック室5床を保有し、また救急室を中心として各検査機能を集約するとともに、ヘリポートを設置するなど、地域救急医療の一翼を担っています。
病院の変遷は昭和12年上越医療購買連合会上越病院として開設、昭和38年新潟県厚生連に合併し、総合病院の認可を受けました。昭和45年に新築し、その後、平成2年まで病棟・診療棟等の増改築を行いましたが、建物の老朽化・狭隘化が進み、平成18年4月に現在地へ移転新築しました。