集合教育プログラムh2-icon-program_education

現任教育委員会テーマ

ホップ・ステップ・ジャンプ あなたの成長を応援します

看護部現任教育 教育計画

教育理念

  1. 看護職は専門職として自らの責任において、生涯にわたり自己の能力開発・維持・向上に努める責務がある
  2. 専門職に対する社会のニーズの変化に対応する

教育目的

  1. 看護職員ひとり1人の能力開発により、専門性を高めることができる
  2. 看護職員ひとり1人が質の高い看護介護を提供すると共に職務満足が得られる

教育目標

  1. 基礎的看護実践能力を身に付ける
  2. 専門性を高める
  3. リーダーを育成する
  4. 看護研究能力を高める
  5. 組織目標を達成する

集合教育プログラム

4月・新採用者オリエンテーション
・看護部長講話
5月・レベルⅠ(緩和ケア)
・レベルⅡ(呼吸療法)
6月・レベルⅠ(リーダー研修)
・看護研究発表会
7月・レベルⅢ(臨床実習指導)
・レベルⅠ(人工呼吸器)
8月・レベルⅡ(摂食嚥下・リハビリ)
・レベルⅠ(ストマケア)
9月・レベルⅠ(リーダー研修)
・レベルⅢ(看護倫理)
10月・レベルⅡ 小集団活動(業務改善)
・トピックス (接遇研修)
11月・レベルⅠ(褥創)
・レベルⅡ(心電図)
12月・トピックス (災害看護)
・レベルⅢ(老年看護)
1月・レベルⅡ(リーダーシップ)
・レベルⅢ(緩和ケア)
2月・レベルⅠ(事例研究)
・トピックス(NST)
3月・新採用者研修

レベル分類について

  1. 厚生連クリニカルラダー(師長・主任・看護スタッフ・介護スタッフ)を参考値・基準値として考える。
  2. 個人の「目指すところ」や職場長の「期待するところ」のレベルを設定する。

個人目標の動き

各個人ファイルを作成

  1. 4月に看護部の目標について看護部長からのお話と、現任教育委員会として、目標管理について講義を行なう。
  2. 6~7月中に初回面接=目標設定の面接をする。
  3. 10~11月中に中間評価面接をする。
  4. 2~3月中には最終評価面接をする。