マンツーマン以上の指導を受けることができる。h2-icon-voices

吉川陽文(出身大学:金沢大学 出身地:新潟県) 

吉川陽文上越総合病院がある上越市は、日本海側と太平洋側との交通の要であり、各方面へのアクセスが容易にできる場所です。そのような特性からか、指導医の先生方の出身地、出身大学も多様で様々な話を聞くことができる環境にあります。
研修面においては、プログラム中、自分が他の研修医と重ならないように配慮されており、各科の指導医の先生からマンツーマン以上の指導を受けることができます。
また、他科の先生との風通しもよく、コンサルテーションした患者の話を担当医から直接伺うことも容易な環境です。時間が空いた時など、他科の手術・処置を見に行くことも可能で急に行っても丁寧に指導して下さいます。

生活面においても、病院近辺の宿舎の紹介があるので、研修を始める際の余計な手間がかかりません。また、夜に新潟のうまい米・酒とともに指導医と語る機会も時々あるので、非常に有意義な研修生活が送れると思います。