上越総合病院での研修を終えてh2-icon-voices

北原 哲彦

上越総合病院での研修はお世辞抜きで大変有意義で充実したものでした。感謝してもしきれないほどすばらしいものでした。この病院で研修して本当によかった、もっとこの病院で働きたいと思いました。これが上越総合病院での研修を終えた感想(本音)です。

この文章を読んでいる方の中には研修病院をどうしようか考えている医学生の方が多いのではないでしょうか。ところで、「いい研修病院」とはいったいどのような病院でしょうか。「プライマリケアを実践できる」とか「たくさん経験が積める」とか「研修医の立場に理解を示してくれる」とかほかにもいろんなことがあると思います。上越総合病院はそのすべてを可能にしてくれる病院です。

まず、上越総合病院は指導医の先生方がすばらしいです。この病院では研修医は一人の医師として扱われます。「お客さん」とか「雑用係、便利屋さん」といった扱いは一切ありません。一人の医師、つまりプロフェッショナルとして扱われます。もちろんそうしたことに不安を抱える方もいるかもしれません。しかし、心配無用です。各科の指導医の先生方が研修医のレベルを細かく把握し、無理のない適切な指導が受けられます。最新の知見も指導していただくことが可能です。さらに自分で特に興味のある科では研修医レベルを超えた診療経験も積むことができます。僕も外科系に興味があったので、外科系の科では何度も手術を執刀させていただきました。

次に、研修医の意見が尊重されます。研修の内容や環境、生活についてフレキシブルな対応をしていただけるため、無駄や無理、煩わしさがありません。研修に集中できます。指導医の先生方だけでなく病院のスタッフ全体が研修医の立場を理解し、応援してくださるからです。これは非常にありがたく、全国にあまたの病院ありとは言えどもそう滅多にあるもんではありません。そうした環境ですから、院内の行事も多くアットホームな雰囲気であり、過ごしやすいことこの上ないです。うまい酒、魚、米などがそれらを強力にサポートします。

以上ゴチャゴチャと述べましたが、ほんの一部を紹介したに過ぎません。ここに書いただけでは伝わらないこともあります。是非一度見学に来ていただければ、その良さを全身で感じ取ることができるでしょう。医学生の見学は他院とは比べ物にならないくらい歓迎されます。

さて、上越総合病院での研修を終えた今、「最高の研修病院とはどんな病院か」と考えるとき「もっとここで働きたいと思える病院、研修してよかったと思える病院」という答えが浮かびます。僕にとっては上越総合病院がそういう病院であり、ホームグラウンドだと認識しています。医師人生をはじめるに当たって、上越総合病院を選択することは、絶対に満足のゆく研修生活を選択するのと同じです。より多くの研修医が上越総合病院で研修され、充実した研修医ライフを過ごされることを望みます。