大規模災害訓練実施(2017.6.24)

近年の災害を受け、地域の皆様の医療と健康をまもるためには当院における災害対応の見直しが必要と考えました。

本訓練では、津波対応を含めた多数傷病者受入れ対応を中心とし、災害時に取るべき行動が一目でわかるアクションカードを用いて実施いたしました。

以下は、実際の訓練の様子となります。

緑エリア

黄エリア

黄エリア

赤エリア

赤エリア

ヘリ搬送

ヘリ搬送

写真は、津波対応後の多数傷病者受入れ訓練とヘリ搬送の様子となります。

各トリアージエリアでは1年目の研修医も再トリアージ等を実施して受入れ患者対応を頑張りました。黄色・赤エリアにおいては熟練の医師や看護師が中心となって運用し、長岡赤十字病院と上越市消防本部の協力のもとでヘリ搬送まで実施いたしました。

訓練終了後には、全体講評を訓練参加者全員で共有し、各部署にて訓練の検証をいたしました。

全体を通して良かった点、悪かった点を見直し、訓練を重ねることで、地域の皆様に安心と安全を届けられる病院となるよう努力いたします。

今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。



ページの先頭へ