新潟県厚生農業協同組合連合会 上越総合病院

理念と基本方針

明日に向かって上越病院のこころざし

患者さんの一日も早い回復をめざして
医療にたずさわる者のほこりと責任を忘れずに
私たちはいつも全力をつくします。

地域社会の健康と活力の回復にむかって
医療を通じて貢献できるように
私たちはいつも全力をつくします。

この病院でくりひろげる営みが
地域の皆さんに希望をもたらすことを
私たちはいつものぞんでいます。

みなさんとともに明日の豊かな実りを願うように

上越総合病院はこんな病院でありたいと願っています

1. 人にやさしい病院

患者さんの心が休まる病院
お年寄りやお子さん、
お体に不自由のある方を大切にする病院
みなさまのご意見に耳を傾ける病院

2. 地域に開かれた病院

医療情報の公開を積極的にすすめる病院
地域の医療機関と協力し合える病院
診療以外にも広くご利用いただける病院

3. 地域に貢献する病院

さまざまな医療ニーズに全力でおこたえできる病院
みなさまのふれあいの場となる病院
すこやかで活力ある街づくりに寄与する病院

シンボルマークについて

上越総合病院シンボルマーク

このシンボルは「上越病院のこころざし」の文章のイメージをデザインしたものです。
「青と白はさざなみ浮かぶ日本海、緑は豊穣な大地を示し、いずれも上越のシンボルです。円形は病院職員と患者さん、地域の皆さんの調和した姿を意味します。中央の黄色い稲穂は、私たちの守るべき命の象徴であり、医療が理域社会に生み出す幸福や活力、すなわち実りの象徴でもあります。

このページの先頭へ戻る