新潟県厚生農業協同組合連合会 上越総合病院

理念と基本方針

上越総合病院の理念

患者さまの権利を守り、人に優しい良質な医療を提供します。
医療を通じて上越地域の発展に貢献します。

明日に向かって上越総合病院のこころざし

患者さまの一日も早い回復をめざして
医療にたずさわる者のほこりと責任を忘れずに
私たちはいつも全力をつくします。

地域社会の健康と活力の回復にむかって
医療を通じて貢献できるように
私たちはいつも全力をつくします。

この病院でくりひろげる営みが
地域の皆さまに希望をもたらすことを
私たちはいつものぞんでいます。

皆さまとともに明日の豊かな実りを願うように

上越総合病院はこんな病院でありたいと願っています

1. 人にやさしい病院

患者さまの心が休まる病院
お年寄りやお子さん、
お体に不自由のある方を大切にする病院
皆さまのご意見に耳を傾ける病院

2. 地域に開かれた病院

医療情報の公開を積極的にすすめる病院
地域の医療機関と協力し合える病院
診療以外にも広くご利用いただける病院

3. 地域に貢献する病院

さまざまな医療ニーズに全力でおこたえできる病院
皆さまのふれあいの場となる病院
すこやかで活力ある街づくりに寄与する病院

シンボルマークについて

上越総合病院シンボルマーク

このシンボルは「上越総合病院のこころざし」の文章のイメージをデザインしたものです。
「青と白はさざなみ浮かぶ日本海、緑は豊穣な大地を示し、いずれも上越のシンボルです。円形は病院職員と患者さん、地域の皆さまの調和した姿を意味します。中央の黄色い稲穂は、私たちの守るべき命の象徴であり、医療が理域社会に生み出す幸福や活力、すなわち実りの象徴でもあります。

看護部の理念

患者さまお一人おひとりを大切にし、やさしい看護を提供します。

基本方針

  1. 患者さま中心の医療・看護を推進します。
  2. 医療・看護の充実を図り、医療安全を確保します。
  3. 地域との連携を進めます。
  4. 災害時の医療に備え救急看護の推進を図ります。
  5. 経済性を考えた効率のよい看護を実践します。

目標

  • 患者さま中心の良質で安全な看護を提供する。
  • 業務の内容の見直しと改善を行い、業務の標準を図る。
  • JA・地域との連携の中で病院運営に参画する。
  • 組織的に教育の充実を図り、専門職業人として自己啓発に努める。

臨床研修の理念

上越総合病院の理念を基盤として、「医師としての人格」を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に遭遇する疾病または負傷に適切に対応できるように、プライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を身につける。
上越総合病院での臨床研修を修了した者は、その後のそれぞれのキャリアを通じて、社会に求められる医師としての役割を果たすよう、活躍してゆくことが期待される。

上越総合病院臨床研修の基本方針

  1. 医師としての基本的価値観(プロフェッショナリズム)及び医師としての使命の遂行に必要な資質・能力を身に付け、病棟・外来・救急・地域医療などさまざまな場面で、プライマリケアを実践できる医師を育成する(別掲 「臨床研修の到達目標」を参照)。
  2. 専門職として社会契約の意味を理解し、社会のさまざまな期待に応えることのできる医師を育成する。
  3. 学習者(研修医)中心、多職種教育の視点に立って、病院の全職員が研修の成果が挙がるように支援する。

JA新潟厚生連の理念

信頼と協同で築く地域の健康

JA新潟厚生連の事業理念

JA新潟厚生連は、JA綱領のもとに医療・保健・高齢者福祉活動を通じ、組合員・地域住民の「生命」と健康な暮らしを守り、ゆたかな地域づくりに貢献します。

JA新潟厚生連の役職員の行動目標

  1. 私たちは、保健・医療・高齢者福祉に携わるものとして、常に人間性を磨くとともに知識と技術の修得に努めます。
  2. 私たちは、地域のニーズを尊重し、親切で安全・良質な保健・医療・高齢者福祉サービスの提供に努めます。
  3. 私たちは、組合員・地域住民の負託に応えるため、健全な経営・運営に努めます。
  4. 私たちは、地域活動を積極的に推進し、地域の信頼を高め、地域連携に努めます。
  5. 私たちは、JAとともに健診活動・健康教育(相談)を通じ組合員・地域住民の健康管理に努めるとともに、JAの健康管理活動の発展に努め、地域における保健衛生の向上に努めます。
  6. 私たちは、良質で安全な医療と温かな看護に努め、地域における安心で健康な生活の支援に努めます。
  7. 私たちは、JAとともに高齢者福祉活動を推進し、高齢者の自立・生きがいづくりの支援に努めます。
このページの先頭へ戻る